Skip to content

トルソーの種類と活躍をする場所

トルソーは、人の形をした造形物であり、アパレルのシーンでは大活躍をするアイテムともなります。一般的には、首からヒップラインあたりまでで腕がないボディ部分だけで作られていることになるのですが、中には取り外し可能な腕が付いたものもあります。そのまま台の上にのせたり、ポールの台に乗せて人の高さほどに立たせることもできます。同じようなものにマネキンがありますが、こちらは頭から手足までついた全身タイプになります。
大きく分けると、洋服を販売する時により効果的に見せる目的で利用されるものと、洋服を制作する時に利用されるものの二つの種類があります。それぞれ、ターゲットとなっているお客さんの性別や体型に合わせた形で作られているものが選ばれることになります。

お客さんに見せる目的で利用される場合

洋服を販売している店舗では、より魅力的な洋服に見せることができるようにディスプレイ方法に工夫をしています。台の上に平置きで広げて飾ってみたり、ハンガーにかけるなどの方法を行うだけでも、畳んである洋服を広げることなく見てもらうことができ、おしゃれな雰囲気で飾ってあればシンプルなアイテムであっても欲しくなってしまうものです。
さらに、立体的になっていれば自分が着た時の印象をつかむことにも役立つので、売り上げアップにも貢献してもらえることになります。トルソーは、人が着ているかのような膨らみでドレープやギャザーも立体的に出るため、とても役立つアイテムとなります。おしゃれな洋服屋になれば、ターゲットとしているお客さんの体型よりもスリムでスタイルが良い形になっているので、より洋服を魅力的に見せることができます。

お客さんに売るための洋服作りを目的として利用される場合

トルソーは、洋服を立体的に飾ることに役立つのですが、その立体的なデザインの洋服になると作る過程では平面作図で作ることができないケースもあります。実際に人の体の上にのせて作るとなれば、モデルとなる人にずっと立ちっぱなしでいてもらわなければなりませんが、人工物であればいつでも自分の仕事の都合に合わせて使うことができ、針を直接刺すこともできます。
ボディに布を当てて、たるみやゆるみなどの調整をしたら、仮止めとして待ち針でおさえておきたいものですが、デザイナーやパタンナーに利用されているものは布で覆われていて多少のクッション性があるので、待ち針を刺すことができます。効率的に作業を進めることができ、他にはない特殊なデザインの洋服作りにも役立てることができます。

ギフトバック、ギフトボックス、ラッピング用品も豊富に取り揃えております。ディスプレイ用テーブルは木製からアイアン製まで幅広く取り扱っております。 多段テーブルはガラス天板と木製天板を取り揃えております。 ディスプレイもできるカウンターはレジ台にもおすすめです。 ショーケースはアルミ素材から木製まで取り扱っております。 アパレルのトルソーをお探しの方へ