ファッション業界におけるトルソーの役割と重要性

トルソーはショップやインテリアなどを魅力的に魅せるものと着付け練習やソーイングに使用する実用目的のものがあります。ディスプレイ用では、主にブティックやカジュアルショップなどで使用されています。ショップにおいて、取り扱っている商品をコーディネートして顧客に見せる目的があります。スタイルの良いものに服を着せれば見映えが良くなりますし。実際に顧客は服を試着しなくてもイメージが湧きやすくなり購入意欲への向上につながります。また店内が賑やかになります。実際にディスプレーされている洋服はよく売れているというデータがあります。撮影にも使用することができます。最近ではネットオークションなどの需要もあり、出店に際する洋服撮影用に使用される事も増えてきました。

実用的トルソーについて

s実用的は主に和装用とソーイング、立体裁断用に分かれています。着物の着付け練習をする場合には、和装用を使用した方が適切です。和装用の特徴としては、まずは帯が締めやすいようにお腹の部分がウレタンなどの柔らかい材質の素材です。また普通のボディに比べてスタンドが2本なので帯を締める時により安定しています。体型が寸胴になっているので、着付け作業がしやすいですし、ディスプレイの見映えが良くなります。多くの着付け教室などで推奨されているものを使用すれば安心できます。ソーイングは洋裁をするために設計されたものです。針などのピンを刺す事ができるので作業しやすいですし、プロの世界の様に正確さが求められるような現場において非常に重宝される作りになっています。

トルソー選びで重要なのはスタイル

ディスプレイ用のものにおいて、スタイルは非常に重要です。すべての人間がモデルのようなスタイルであれば、なにを着ても似合ってしまうかもしれませんが、残念ながらそうではありません。その為、ディスプレイしたい洋服を売りたい対象がどのような顧客であるのかしっかりと把握した上で選ばなければなりません。あまりにも不格好では意味がありませんし、逆に人間の体型からかけ離れてしまっては意味がありません。最近では海外の安価な輸入品が出回っていますが、決して良品とは言えません。スリーサイズなどを見れば標準的で問題ないように思うかもしれませんが、全体的に見ると形が均等ではなく不自然で立体感がなくなります。時にはアームを取りつけて人間のように無機質な感じがなくなります。